八千代牛乳八千代牛乳

(記事下段)

八千代牛乳

千葉北部酪農農業協同組合
千葉県八千代市大和田新田188
ユニオン硝子工業製・正180cc側面陽刻
昭和40〜50年代

「天然牛乳」の愛称で知られる、県下随一の農系ブランド。発足は昭和26年、当初事業は生乳卸しのみだったが、30年に自ら処理工場を開設。自治会、生協、労働組合、学校給食ほか、直売路線に注力。販路は県外にも及んだ。

大資本や老舗の独壇場である宅配・店頭では優位に立ちにくい。消費者連帯の「十円牛乳」、集団飲用に活路を求める動きは、各地の組合で一定の成果を挙げている。

◆農協の誕生と八千代牛乳

一帯の牧畜・酪農は戦時の疲弊で大幅に衰退も、昭和24年、千葉郡市畜産農協が人工授精所を開設。ほか諸整備が進み、何とか息を吹き返す。

そして同26年、乳質規制厳格化への対応と、農村経済向上を目的に、地元の牛飼いが結集、千葉北部酪農農協を立ち上げ。世は酪農ブーム到来、酪農振興法・学校給食法の制定も成り、消費拡大の追い風が吹く。

設立後しばらくは東京保証牛乳など諸メーカーへの原料乳出荷に専念。しかし「自営工場を設置し、良質安価な牛乳を消費者へ直売する以外に経営安定の道はない」として、昭和30年にミルクプラントを新設、「八千代牛乳」の供給に着手した。

◆八千代牛乳の初動期

展開早々、事前見積もりの甘さが露呈。酪農家が散在し工場の守備範囲が広く、生乳集荷は非効率を極める。販売エリアも無計画に拡張。パン屋一軒の発注に応じ、田園調布まで配送の有様。経費が嵩み、昭和34年まで赤字の苦闘が続いた。

ただ前記の通り、消費者・事業者と直結すべし、の見立てに間違いはなく、学校給食や会社・工場向けの大口契約を積み上げ、採算ラインをクリア。商売に目処が立つ。

◆「天然」主義による商品展開

市乳事業が軌道に乗った昭和39年、「八千代牛乳」の呼称に「天然」の字句を加え、今に伝わる金看板、「八千代天然牛乳」に改めた。

この頃、業界は加工乳の全盛期。牛乳にビタミン類を添加した栄養強化系、あるいは還元乳(脱脂粉乳・バター)をブレンドした濃厚系が、普通の牛乳より上位の扱いで、少し高い値付けもなされた。組合はこうした風潮を一蹴する。

「牛乳は自然な状態で既に優れた栄養食品、人工的な加工を尊ぶのはおかしな話。特に還元乳は原料輸入の脅威もある。需給調整上やむを得ぬ最小限度に留めるべき」と断固主張。自らの銘に「天然」を冠し、その考えを明示した。

◆掲載瓶・過去アイテムについて

掲載は昭和40〜50年代、コーヒー・フルーツ向けの一本。乳飲料も混ぜ物なので組合はやりたくなかったが、顧客要望を受け「良心的に」作った。同時期、固く拒んだ加工乳「八千代濃厚牛乳」も発売。脱脂粉乳ではなく全粉乳を用い、面目を保つ。

三つ葉?のマークは不思議な造形だ。組合の歴史(公式サイト)の古い写真に、上掲と同じ瓶が見える。200cc移行前の白牛乳瓶装は、刷り色違いの同一デザインか。

◆古谷乳業・成田工場へ同居移転

竣工60年を経て、八千代ミルクプラントは老朽化。市況厳しき折に更改余力なく、平成27年、県下の古谷乳業(フルヤ牛乳)と協業。同社の成田工場に組合の製造ラインを移し、千葉北部酪農農協・成田工場として生産継続の運びとなった。

全ラインナップの維持はできず、カフェオレや生クリームは終売。ビン製品は従前唯一残っていたプラ栓の720ml大瓶が存続と思う(中身はノンホモ⇒均質牛乳に変更)。いっぽう製品案内から瓶詰めアイテムは削除されており、現況は良く分からない。

― 参考情報 ―
千葉北部酪農協・八千代工場移転にともなう〜お知らせ (東都生協)
千葉北部酪農の紙栓 (牛乳キャップ収集家の活動ブログ) / 同・紙栓 (牛乳キャップとは)
同・紙パック製品 (愛しの牛乳パック) / 八千代牛乳200mlパック (牛乳トラベラー)


設立> 昭和26年、千葉北部酪農農業協同組合として
市乳事業開始> 昭和30年
昭34〜39> 千葉北部酪農農業協同組合/千葉県千葉郡八千代町大和田新田
昭40〜41> 同上/千葉県千葉郡八千代町大和田新田188
昭42> 八千代町は市制施行する
昭42〜平13> 同上/千葉県八千代市大和田新田188
平27> 古谷乳業・成田工場(香取郡多古町)に工場を移転(同居)
電話帳掲載> 同上 ※農協本所
                   ※成田工場…千葉県香取郡多古町水戸字水戸台1-16 古谷乳業(株)内
公式サイト> http://www.yachiyo-milk.or.jp/

処理業者名と所在地は、食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成29年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業