高岡牛乳高岡牛乳
高岡牛乳の電話帳広告(昭和45年)
画像上:高岡牛乳の電話帳広告(昭和45年)…本社工場は上北島。博労町営業所と伏木直売所を併記。そのほか傘下販売店も多くあった。
高岡牛乳

高岡牛乳商工業協同組合
富山県高岡市博労町19
石塚硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代中期

昭和初期、市域に営む牛乳店およそ10軒の協業に端を発し、地元の宅配・学校給食に根付いた高岡のローカル銘柄。平成2年前後に自家処理より撤退され、以降は新湊乳業協業組合(射水市)へ製造を委託、現在販路は相当に縮小している。

もとの商工業組合は解散済み。新たにできた販売会社が「高岡牛乳」ブランドを取り次ぐが、近年の商流は良く分からない。掲載は昭和30年代に流通の一本。トレードマークはT(高岡)とM(ミルク)の2字を用い、正面から見た牛の顔を表す構えか。

◆富山の畜産王・矢後孫二氏

本項乳業の起源を遡ると、明治期の政治家・実業家であった矢後孫二氏の名前に行き当たる。西砺波郡醍醐村(現・高岡市)の初代村長にして、中越鉄道(JR城端線)や中越銀行(北陸銀行)の開設に尽力した、往年の地元名士だ。

資料によってばらつきがあるが、孫二氏は明治21〜24年の間に乳牛飼育(矢後畜牛場)を始めて搾乳販売に臨み、30年には高岡市定塚町に支店を構えた記録も残る。かつて県下随一の飼養頭数を誇り、畜産王の呼び声も高かったそうだ。

◆越中製乳から北陸ミルクプラントへ

孫二氏のご家族・孫八および孫人氏は、金沢の北陸製乳(⇒参考:北陸乳業)に倣い、企業化を志向。呉西エリア(高岡・射水など県西部)の業者さんらに出資を募り、大正元年、越中製乳(株)(高岡市上川原町)を設立。練乳・バターの製販を行う。

夏季はアイスクリームも展開、いっとき業績は好調も市場競争が次第に激しくなり、大正13年に操業停止。その遺志を受け継ぐように昭和4年、矢後孫次氏ほか同業者10名前後の協業体である産業組合・北陸ミルクプラント(高岡市鴨島)が発足した。

中核メンバー(矢後・長谷・浦野・新納氏ほか)の面々は、旧・越中製乳や後年の商工業協同組合にも代替わりしながら現れる。「高岡牛乳」のブランド確立はこの頃か、高岡博労町・高岡牛乳共同取扱所といった屋号表記も見つかった。

◆商工業協同組合の成立

戦時は国策に応じ、高岡牛乳統制組合を形成。昭和23年頃、高岡牛乳商工業協同組合に組織を改め、従来団結の枠を維持したまま再スタートを切る。

全国の例に漏れず、昭和30〜40年代は大手メーカーの進出著しく、地場企業の買収と系列化が相次ぐ(⇒参考:砺波牛乳)。しかし高岡牛乳は地元資本の体制を堅持、長く県下有数の処理量を誇り、50年代中期以降は高岡唯一のミルクプラントでもあった。

現在、新湊乳業が請け負う高岡系ラインナップは、均質牛乳とホモナイズ/ゴールド(加工乳)、コーヒーの計4種(⇒新湊・高岡牛乳の販売場所/twitter@seinyusha)。一部瓶装はオリジナルを廃し共用ビンへ集約。紙パックは1000ml200mlが残る。

― 関連情報 ―
高岡牛乳商工業協同組合の紙栓 (牛乳キャップ収集家の活動ブログ)
高岡牛乳販売(新湊乳業OEM)の紙栓 (同上)
高岡牛乳 (乳業探訪記) / 高岡牛乳の紙栓 (牛乳キャップとは)
高岡コーヒーの紙栓が片白に (碧空清乳舎Blog)
新湊・高岡の白物共通瓶と高岡コーヒー (twitter@annkobara)


■高岡牛乳商工業協同組合 <掲載瓶>
大01> 矢後孫八氏らが越中製乳(株)を設立 ※13年に廃業
昭04> 矢後孫次氏らが産業組合・北陸ミルクプラントを設立 ※20年に解散

昭04> 高岡牛乳共同取扱所/富山県高岡市博労町
昭11> 北陸ミルクプラント/同上
昭15> 北陸ミルクプラント・矢後孫次/富山県高岡市鴨島105
昭19> 戦時の企業合同を受け、高岡牛乳統制組合が発足
昭22> 高岡牛乳統制組合/富山県高岡市鴨島19
昭24〜31> 高岡牛乳商工業協同組合/同上
昭34〜44> 同上/富山県高岡市博労町19
                    ※理事長は田所豊二氏〜新納作次郎氏〜矢後一郎氏と遷移
昭46〜平01> 同上/富山県高岡市上北島40-2
自家処理撤退> 平成2年前後?
電話帳掲載> (有)高岡牛乳販売/富山県高岡市博労本町5-33 ※平成19年時点
公式サイト> 未確認

■矢後畜牛場〜矢後牧場 <参考・高岡牛乳とは別の独自経営>
創業> 明治21〜24年頃、矢後孫二氏による
昭09> 矢後せつ/富山県西礪波郡醍醐村
昭29> 醍醐村は戸出町と合併する
昭31> 矢後孫次/富山県西礪波郡戸出町横越1715
昭34〜44> 矢後牧場/同上 ※戸出町は昭和41年に高岡市へ編入されている
廃業> 昭和45年前後?
電話帳掲載・公式サイト> 未確認

処理業者名と所在地は、[雲龍山勝興寺/文化財デジタルアーカイブ]・[富山県名鑑]・[富山県産業組合史]・[全国工場通覧]・[食糧年鑑]・牛乳新聞社「大日本牛乳史」・全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成30年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業