赤泊酪農赤泊酪農

(記事下段)

赤泊酪農

赤泊村酪農組合
新潟県佐渡郡赤泊村大字徳和2332-5
大和硝子製・正200cc側面陽刻
200cc移行後〜昭和50年頃まで

戦後およそ30年に渡って商われた、佐渡南岸の農系ローカル銘柄。島内農産を集約の趨勢に従い、佐渡酪連(佐渡牛乳)へ市乳事業を移管、ブランドは消滅。掲載は晩年のオリジナル。簡素なデザインだが「赤泊酪農」の一風変わったロゴタイプに味がある。

◆赤泊村酪農組合の発足

古来より畜業の盛んな佐渡島。特に戦前〜戦後の金沢村における酪農乳業の勃興が刺激となり、昭和22年、赤泊村・徳和地区にも有志5名の酪農組合が発足。小さな工場を作って、主に病人や乳幼児を対象に、牛乳の処理販売を始めた。

以降、徐々に生産量は増えていくが、商圏は地元エリアに限られた。売り上げの中心は組合の直売アイテムではなく、他社への原料乳出荷で、近隣の(酪)農協や個人経営のミルクプラント、あるいは新潟市・塚田牛乳さんなどへの卸しが大半を占めた。

◆佐渡酪連へ事業移管

昭和50年、島内最大の酪農組織・佐渡酪農農協連合会に市乳部門を移譲。間もなく工場閉鎖、独自銘柄は廃止。同52年、赤泊村酪農組合さん自らも連合会に加盟する。組合は互助団体としてなお存続も、平成期に至ってついに解散した。

遡って市乳撤退の前年、佐渡島では赤泊村農協を含む18組合が広域合併し、佐渡農協を結成。さらに昭和56年、佐渡酪連もこれに合流。島内各地に散在した中小規模の生産者組合は、すべからく佐渡農協へ集約・一本化の経過を辿っている。

― 謝辞 ―
掲載の瓶は「丘の上の山羊」tokko様よりご提供頂きました。


設立> 昭和22年、赤泊村酪農組合として
昭31〜36> 赤泊村酪農組合/新潟県佐渡郡赤泊村徳和浜田
昭39〜44> 同上/新潟県佐渡郡赤泊村徳和2332-9
昭46〜48> 掲載なし
昭50> 佐渡酪農農協連合会(佐渡牛乳)に市乳処理事業を移管

昭50〜51> 同上/新潟県佐渡郡赤泊村大字徳和2332-5
昭52> 佐渡酪農農協連合会に加盟
平16> 赤泊村は島内9町村と合併し、佐渡市となる
電話帳掲載> 同上/新潟県佐渡郡赤泊村徳和705-1 ※当時
                   JA佐渡 赤泊支店 営農センター/新潟県佐渡市徳和705-1
独自銘柄廃止・工場閉鎖> 昭和50年前後
公式サイト> 未確認

処理業者名と所在地は、全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成19年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業