辻岡牛乳 (1)辻岡牛乳 (1) 辻岡牛乳 (2)辻岡牛乳 (2)
辻岡牛乳 (1)

辻岡筈三
福井県吉田郡永平寺町東古市
新東洋硝子製・180cc底面陰刻
昭和30年代後期〜40年代初期
辻岡牛乳 (2)

辻岡筈三
福井県吉田郡永平寺町東古市
新東洋硝子製・180cc底面陰刻
昭和40年代初期

曹洞宗大本山・永平寺町域に商われた、往年のローカル銘柄。かつては牛舎併設にて自家搾乳・処理販売を手掛けたと思うが、沿革は不詳。昭和45年前後に廃業され、ブランドは消滅。その後しばらく請け売り・販売店の営業は続いたかも知れない。

掲載は六角・橙瓶と、その後継らしき八角・赤瓶の二世代。前者はもちろん後者も底面に容量打刻をともない、製瓶会社各社が六角⇒八角へシフトした頃の初期型と見込まれる。(⇒牛乳瓶の全体形状/開口部形状の種類と変遷について

◆元祖は松岡町の松岡牛乳?

西に3〜4kmほど離れた吉田郡松岡町(現・永平寺町)には、本家筋の?同姓・辻岡さんのミルクプラントが存在。こちらは地名を引いて「松岡牧場・松岡牛乳」の名乗りだった。

発足は明治後期、北海道よりホルスタインを移入し、搾乳販売に着手。昭和31年には明治乳業の特約店(県下第一号)となり、併売を開始。49年前後に自社製造を中止して以降はベンダー専業(明治牛乳松岡販売所)。継承三代の老舗である。

― 関連情報 ―
辻岡牧場・松岡牛乳の紙栓 (牛乳キャップ収集家の活動ブログ)


■辻岡牛乳(志比村) <掲載瓶>
創業> 不明ながら戦後?
昭31> 掲載なし
昭34> 辻岡筈三/福井県吉田郡志比村東古市
昭36> 同上/福井県吉田郡志比村藤巻16-1
昭37> 志比村は町制施行・改称し、永平寺町となる
昭39> 同上/福井県吉田郡志比村東古市
             ※正確な住所表記は「永平寺町東古市5-20」だが、名簿上は最後まで反映せず
昭40> 同上/福井県吉田郡志比町東古市永平寺前
昭41〜44> 辻岡菅三/同上 ※「菅三」は「筈三」氏の誤りと思われる
廃業> 昭和45年前後
電話帳掲載・公式サイト> 未確認

■松岡牛乳(松岡町) <参考>
創業> 明治後期、松岡牧場として
昭31> 辻岡正/福井県吉田郡松岡町葵
昭34〜39> 同上/福井県吉田郡松岡町葵20-21
昭40〜48> 同上/福井県吉田郡松岡町葵2-8
平18> 松岡町は周辺2町村と合併し、永平寺町となる
自家処理撤退・独自銘柄廃止> 昭和49年前後
電話帳掲載> 「明治牛乳松岡販売所」「辻岡牛乳店」
                   /福井県吉田郡永平寺町松岡葵2-8
公式サイト> http://www.shokokai.or.jp/18/183211S0178/... (永平寺町商工会)

処理業者名と所在地は、全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成20年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業