木戸西牛乳木戸西牛乳 木戸西牛乳 (500cc瓶)木戸西牛乳 (500cc瓶)
木戸西牛乳

木戸西政吉⇒木戸西利栄
福井県吉田郡森田町上森田12-20
東洋ガラス製・正180cc側面陽刻
昭和50年代中期〜60年代
木戸西牛乳 (500cc瓶)

木戸西政吉
福井県吉田郡森田町上森田12-20
東洋ガラス製・容量打刻なし
昭和40年代初期〜中期

「森田」は所在の地名、「木戸西」に「マル政」の屋号は創業者さん?のお名前に由来する、地元密着の牛乳屋さんらしいデザイン。キャッチフレーズは“味と香りゆたかな”。嗅覚に訴える語りは珍しく、あまり見ない感じだ。一般には濃厚アピールが多い。

掲載の2本では「要冷蔵」未標示の500cc瓶がより古い世代にあたる。後年の一合瓶は「木戸西牛乳」銘を「木戸西牧場」表記へ変更。これは[牛乳、加工乳、及び乳飲料の表示に関する公正競争規約]に応じた共通瓶装のようだ。

牛乳瓶の内容量/保存温度/銘柄標示の変遷について

平成期に自家製造より撤退、森永牛乳の販売店に転換し、独自銘柄は消滅。恐らくは明治〜大正期に発祥のミルクプラントと思うが、戦前資料の「大日本牛乳史」(全国乳業者名簿)は、福井県の掲載が漏れており、時代を遡って辿れなかった。

― 関連情報 ―
木戸西牧場の紙栓 (牛乳キャップ収集家の活動ブログ)


創業> 不明
昭31〜44> 木戸西政吉/福井県吉田郡森田町上森田12-20
                     ※昭和42年、森田町は福井市に編入されている
昭46> 掲載なし

昭47〜53> 同上/福井県福井市上森田町12-20
昭56〜平04> 木戸西利栄/同上
電話帳掲載> 森永牛乳木戸西販売店/同上
自家処理撤退・独自銘柄廃止> 平成10年代初期?
公式サイト> 未確認

処理業者名と所在地は、全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成19年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業