細谷牛乳 (1)細谷牛乳 (1) 細谷牛乳 (2)細谷牛乳 (2)
細谷牛乳 (1)

細谷忠
岡山県井原市西江原町5565
日本硝子(徳永硝子)製・市乳180c.c.底面陰刻
昭和30年代初期
細谷牛乳 (2)

細谷忠
岡山県井原市西江原町5565
日本硝子S33年製・正180cc側面陽刻
昭和30年代初期〜中期

牧歌的なデザインが愉しい「細谷の牛乳」ビン2世代。沿革仔細は不詳ながら、当地に戦後急増した乳牛飼育・酪農の営みを背景に、昭和20年代中期のご創業と思う。のち40年代中期には廃業され、ブランドは消滅したようだ。

同じ町内に営業した道祖牧場さんとの距離、わずか100メートルほど。中小乳業が林立した往時は、狭いエリアに複数並存は良くあったが、ここまで近い所は珍しい。

◆掲載びん・自家搾乳について

いずれも自家搾乳を明記。大手メーカーに対抗する付加価値の表現か。前記の道祖牧場さんを始め、各地の牧場の瓶に同様の宣伝が見られる。とりわけ中国地方に多い。

(1)番瓶は製瓶会社略号として日本硝子と徳永硝子、双方の打刻をともなう。昭和30年、日本硝子は徳永を吸収合併しており、丁度その頃、移行期の製瓶だろう。後年のビンに比べると、明らかに全体が肉厚・不均等で、ずっしり重たい。


創業> 不明ながら戦後?
昭31〜44> 細谷忠/岡山県井原市西江原町5565
廃業> 昭和45年前後
電話帳掲載・公式サイト> 未確認

処理業者名と所在地は、全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成19年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業