山田牛乳 (1)山田牛乳 (1) 山田牛乳 (2)山田牛乳 (2)
山田牛乳 (1)

山田乳業(株)
宮城県白石市半沢屋敷西155
日本硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代後期〜40年代初期
山田牛乳 (2)

山田乳業(株)
宮城県白石市半沢屋敷西155
ユニオン硝子工業製・正200cc側面陽刻
200cc移行後〜昭和50年代

創業は明治17年、県下指折りの老舗で、今や数少ない地元資本の現役メーカーさん。伝統の「山田牛乳」は市内流通のみのローカル銘柄。近年は「フロム蔵王」ブランドを主力に据え、別途販社を置き、関東・関西エリアにも展開する。

公式サイトは製品案内やエリア情報が充実。通信販売にも注力されており、大部分のアイテムは直接購入が可能。ラインナップを見る限り、現状ビン詰めは宅配向けの4合瓶だけらしい。

◆山田養生舎から山田乳業へ

往時は山田養生舎の屋号で、家業レベルの牧場経営・小商い。戦後、乳製品需要の高まりとともに規模拡大し、昭和29年に合資会社、同38年には株式会社へ改組。漸次業績を伸ばしていった。掲載の(1)番瓶はこの頃のものだろう。

宮城は大手乳業の系列工場が多く、全国的にも早い段階で中小プラントが淘汰された経営の難しい地域だ。独立独歩で残る息の長い会社は、本項の山田乳業さん、古川市の古川乳業さん、この2社が最後の砦である。

― 参考情報 ―
山田乳業工業見学の巻 (「Sコミ」白石地域振興PRサイト)
山田乳業の紙栓 (牛乳キャップとは) / 同・紙栓 (牛乳キャップ収集家の活動ブログ)


創業> 明治17年、山田養生舎として
明41> 白石町新町より現在地に移転
昭09> 山田幸八/宮城県刈田郡白石町白石
設立> 昭和29年、山田牛乳(資)として
昭29> 白石町は周辺の村と合併して白石市となる
昭31> 山田ミルクプラント・山田幸八/宮城県白石市半沢屋敷西155
昭34〜41> 山田ミルクプラント/同上 ※昭和38年、山田乳業(株)に改組・改称
昭42〜53> 山田乳業/同上
昭56〜平13> 山田乳業(株)/宮城県白石市字半沢屋敷前155
                         ※平成7年に(有)フロム蔵王を設立、新規ブランド展開と拡売を担う
電話帳掲載> 同上
公式サイト> http://www.from-zao.com/yamada/

処理業者名と所在地は、牛乳新聞社「大日本牛乳史」・全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成19年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業