クイーンミルクプラント (1)クイーンミルクプラント (1) クイーンミルクプラント (2)クイーンミルクプラント (2)
クイーンミルクプラント (1)

クイーンミルクプラント(県立大沼高校)
福島県大沼郡会津高田町字鹿島3054-2
石塚硝子製・180cc側面陽刻
昭和40年代中期〜50年代
クイーンミルクプラント (2)

クイーンミルクプラント(県立大沼高校)
福島県大沼郡会津高田町字鹿島3054-2
石塚硝子製・正200cc側面陽刻
200cc移行後〜昭和50年代

どことなく異国情緒の漂う、往年のローカル銘柄。発祥は昭和22年、大沼農学校(現・福島県立大沼高校)での製造実習開始により、当初は大半を校内消費した。

昭和40年代に市乳処理は学校の手を離れ、民間会社として独立。約10〜15年の操業を経て廃止。大沼高校は搾乳実習を通じ、原料出荷を続けたと思うが、昭和48年、農業/畜産科を普通科に転科。のち牛舎など関連施設は全部撤去されている。

◆乳牛導入・牛乳生産のはじまり

高校の創設は大正期の「大沼実業補習学校」まで遡る。その名が示す通り、往時の主たる目的は職業教育。農業の担い手・後継者育成の場という性質が色濃い。

町域には肉用と材木運搬の役牛が若干いた位で、戦前の牛飼いは低調だった。しかし戦後、酪農振興・有畜農業の気運高まり、県所管となった大沼農学校にも乳牛が入ったらしい。昭和22年には地元有志の寄付を得て、「牛乳加工室」が完成する。

23年、普通科・農業科・女子別科(のち家庭科)を構え、今に続く県立大沼高校が発足。乳牛飼育を維持しながら、34年、正式に畜産科を増設した。

◆「高校牛乳」花盛りだった福島県

昭和30年代、県人口の過半は農家であり、農事が県経済の盛衰に直結。農業高校の存在意義も極めて高かった。行政は畜産・園芸に重点を置き、強化費を投入。農業科を畜産科に変えた学校も多い。牛舎・牛乳処理室の建築助成もあった。

結果、福島には本項の大沼高校に加え、福島農蚕高(福島市)、岩瀬農高(須賀川市)、東白川農商高(東白川郡)、小野高校(田村郡)、耶麻農高(耶麻郡)、喜多方高(喜多方市)、磐城農高(勿来市)ほか、高校実習生産の銘が多数勃興した。

この頃は全国に同様の動きが見られ、農高ブランドは決して稀な存在ではないが(⇒特集-学校給食専用瓶/農業高校の牛乳)、福島県は頭ひとつ抜けた感じだ。

◆農業高校からのスピンオフ?

大沼高校の市乳処理には、珍しい特徴がある。県内外を問わず、大抵は少量生産・学内販売に限られるため、校名=ブランド名、または「高校牛乳」「畜産牛乳」といった銘柄を採用するところ、由来不詳、堂々「クィーンミルクプラント」の名乗り。

さらに中途で民営化、一般小売(家庭宅配)をメインに据えて?会社法人ができるなど、類例のない業態変更で、予めこうした展開も視野に入れていたのだろうか。

事業引き継ぎの時期・経緯は不詳。名簿上は昭和43年に工場の住所が変わった(法憧寺⇒鹿島)。鹿島は高校に隣接する同一敷地内。初めは便宜的に高校の住所(法憧寺)を申告、のち正確な工場所在地(鹿島)を届け出たもの?高校直営でなくなったのはこのタイミングか、または農高⇒普通高への転換期(昭和48〜50年)と想像できる。

◆掲載びん・商号商標について

趣向は言うなれば「女王の牛乳処理工場」。やたら線の細い、ラフスケッチな王冠が絶妙な味。現在跡地には釣具屋さんが営業中のご様子。似たような商品名で思い浮かぶのは、大阪・中西乳業さんの王様牛乳や、クインミルクあたりだ。

掲載の2本は製瓶・流通の時期から推すに、牛乳工場が高校直営でなくなった後のものらしい。(1)番瓶は色物(コーヒー・フルーツ)の専用瓶装と考えられるが、200cc増量後の(2)番が登場する前は、全種共通の一合瓶でもあったはずだ。

― 参考情報 ―
教育年報 1961年(S36年度)-農業高校の体質改善
教育福島 昭和50年10月号-学校紹介 (ふくしま教育情報データベース)


創設> 大正10年、大沼実業補習学校として ※のち幾度か制度変更・改称を行う
昭22> 県に移管され、福島県立大沼農学校となる ※同年、牛乳加工室を設置
昭23> 福島県立大沼高等学校へ改称
昭33> クイーンミルクプラント(大沼高校)/福島県大沼郡会津高田町字法憧寺北甲3473
昭34> 県立大沼高等学校/同上 ※同年、畜産科を増設
昭36〜42> クイーンミルクプラント/同上
昭43〜46> 同上/福島県大沼郡会津高田町字鹿島3054-2
昭47〜50> クインミルクプラント/同上 昭和48年、大沼高校農業科・畜産科は普通科に転換
昭51〜56> (有)クインミルクプラント/同上
平17> 会津高田町は周辺町村と合併し、会津美里町となる
廃業> 昭和57〜58年頃
電話帳掲載> 福島県立大沼高等学校/福島県大沼郡会津美里町法憧寺北甲3473
公式サイト> http://www.ohnuma-h.fks.ed.jp/ (大沼高校)

処理業者名と所在地は [福島県酪農協六十五年史](平成15年・自刊)・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成19年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業