エーヨー牛乳エーヨー牛乳

(記事下段)

エーヨー牛乳

内村食品工業(株)
徳島県徳島市富田浜1-17
石塚硝子製・容量打刻なし
昭和30年代中期〜後期

昭和30〜40年代の一時期、市域に商われたローカル銘柄。製造元は明治創業の老舗で、タケノコやミカンの缶詰・佃煮類を取り扱う食品会社さんだった。乳製品は多角化を狙った新規・傍系アイテム。「エーヨー」は栄養の含意だろう。

この瓶に詰めたのは普通の牛乳か、あるいは加工乳/乳飲料か、仔細は不明。過去の牛乳工場名簿に、内村さん方の掲載は皆無。当時の本社(創業地)は阿南市橘町だが、ビンには徳島市富田浜(旧・徳島出張所)の所在が出ている。

◆お銚子びん型の牛乳瓶

プリント標示はいかにも牛乳らしいが、ビン自体は小型の王冠で栓をする、清酒向けお燗瓶・銚子瓶だ。内容量は正味一合(180ml)。工場に別用途でこのタイプの壜詰め機械が既にあり、流用すれば新規設備の導入をせず済んだのかも知れない。

しかして牛乳類は乳等省令や計量法の定めで、容器に関する決まり事が色々あった。これは果たしてOKなのか…ちょっと駄目出しを喰らいそうな運用だ。ともあれ結局「エーヨー牛乳」は早期に終売。会社は今なお食品加工メーカーとしてご健在である。

― 関連情報 ―
女性経営者の真実の姿とは (徳島県中小企業家同友会)


創業> 明治42年、内村罐詰製造所として
設立> 昭和25年、内村食品工業(株)として
             ※以下すべて食糧品製造業としての掲載
昭30> 内村食品工業(株)・内村可一/徳島県那賀郡橘町
          同・徳島出張所/徳島県徳島市富田浜1-17
昭33> 那賀郡橘町は隣町と合併し、阿南市となる
昭48> 内村食品工業(株)・内村明/徳島県阿南市橘町西浦29
昭63> 本社・工場とも徳島市富田浜へ移転
電話帳掲載> 同上/徳島県徳島市富田浜1-29
公式サイト> http://www.uchimurashokuhin.jp/

処理業者名と所在地は、[徳島年鑑]・[徳島県商工要覧] 各年度版による。電話帳の確認は平成28年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業