大山牛乳大山牛乳

(記事下段)

大山牛乳

森田由太郎(大山牛乳処理場)
栃木県足利市栄町2-3376
製瓶元不明・正180cc側面陽刻
昭和30年代中期〜後期

昭和初期から約40年間に渡り、市域・郡部に商われたローカル銘柄。ビン単体では身元を割り出せず、昭和30年代の「大山牛乳」紙栓(※)を見て、ようやく事業者を確定できた。※画像は「牛乳キャップ昭和時代」さん(サイト閉鎖)に掲載されていた。

キャップには“大山牛乳処理場・栃木県足利市栄町2丁目”の標示。古い名簿資料を辿ると、森田由太郎氏・個人名義のミルクプラントに行き当たる。付近に類似の地名はなく、「大山」の由来は謎。創始経営が大山姓の人物だったのだろうか?

◆過去の協業と掲載瓶について

掲載は同じく足利市内の磯田乳業(アサヒ牛乳)さん方に、箱単位で大量に残っていた廃瓶。森田氏は自家処理をやめた後、同社(当時は葉鹿酪農協)へ製造を委託した時期があり、それがそのまま放置されたのかも知れない。

一帯の同業者は戦時に「協同組合 足利牛乳共同処理場」を結成。昭和20年代中期まで統一ブランド採用のうえ、協業・共販体制を敷いている。大山、磯田の両牧場も組合に参画しており、もともとご商売上の繋がりはあったはずだ。


創業> 不明ながら昭和初期?
昭31〜39> 森田由太郎/栃木県足利市栄町2-3376
自家処理撤退> 昭和40年前後
独自銘柄廃止・廃業> 時期不詳
電話帳掲載・公式サイト> 未確認

処理業者名と所在地は、全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成19年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業