初見牛乳初見牛乳

(記事下段)

初見牛乳

初見牛乳店
群馬県吾妻郡吾妻町原町2334
新東洋硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代中期〜後期

恐らくは昭和初期の創業以来、30〜40年間に渡って商われた、県北西部のローカル銘柄。昭和42年前後に自家処理より撤退され、ブランドは消滅。以降は他社の販売店さんとなっている。キャップコレクター諸氏の捕捉に漏れ、往時のラインナップは不詳。

銘は店主さんのお名前(はつみ)に由来。全国に2,300人ほどの珍しい苗字で、文字通り初見(しょけん)という感じだ。発祥地は茨城らしく、分布は関東に偏る。

◆原町の乳牛飼養の黎明期

先駆は政治家・実業家の山口六平氏と伝わる。薬師岳の官有地を賃借し、下総御料牧場に学んだ牧夫(木村又三郎氏)を招聘、明治10年に牧場・農場を拓いた。しかし経営は軌道に乗らず、同20年代には廃止同然だったという。

また、吾妻郡の有志一同が明治8年に組織した吾妻畜産会社は、有笠山・高間山・薬師岳の3牧場に牛馬・家禽を育成するも、やはり長続きしなかったようだ。

◆吾妻郡の酪農・乳業について

郡下は全体として牧畜の盛んなエリア。乳牛は長野原町に多い。現役メーカーは豊田乳業さんのみだが、近年まであがつま農協の北軽井沢工場(⇒関連:スズラン牛乳)も操業した。

原町界隈に限って見ると、古今一貫して乳業は少ない。恐らく本項の初見牛乳さんが、町内では唯一の老舗ミルクプラントだったと思う。ただ、昭和50〜60年代に吾妻郡酪連(現・あがつま農協)が、地域の集約工場を設けた時代はあった。


創業> 不明ながら昭和初期?
昭09> 初見尚カイ/群馬県吾妻郡原町字原町 ※カイはさんずいに頁
昭30> 原町は周辺3村と合併し、翌31年に吾妻町となる
昭31> 初見牛乳店・初見文男/群馬県吾妻郡原町2334
昭34〜36> 初見牛乳店/同上 ※ここまで町名変更反映せず
昭39〜41> 同上/群馬県吾妻郡吾妻町原町2334
平18> 吾妻町は東村と合併し、東吾妻町となる
電話帳掲載> (有)初見牛乳店/ 群馬県吾妻郡東吾妻町大字原町2334
自家処理撤退・独自銘柄廃止> 昭和42年前後
公式サイト> 未確認

処理業者名と所在地は、牛乳新聞社「大日本牛乳史」・全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成27年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業