たいら牛乳たいら牛乳

白川郷・合掌造りの集落として有名な、越中五箇山のローカル乳業。これほど瓶装牛乳の映える土地もなかなか無い。

発売は昭和45年と遅い出足、この時期の新設は全国的にも珍しい。以来40年、地域の学校児童や観光客に親しまれたが、平成25年に廃業され、ブランドは消滅している。

たいら牛乳

たいら牛乳(東高民)
富山県東礪波郡平村来栖200
石塚硝子製・正200cc側面陽刻
昭和50年代〜平成5年頃

◆西や東の大名主さん

江戸の昔、平村には「西」の屋号で呼ばれる西家があり、それに対して「東」と名付けられた、東家が興る。幕末の頃は集落で一番広い屋敷を構えて住み、家勢隆々を誇った。

明治30年代初期、東家は農事の傍ら牛飼いを始める。まずは1〜2頭を繋いで農耕使役と厩肥作りに用い、また搾乳を行って自家消費したようだ。大正〜昭和に至っては酪農の体裁が整い、生乳出荷や余乳の分譲にも乗り出しただろう。

◆平牛乳の誕生

しかし乳業への進出は極めて遅い。往時の当主・東太左氏が経営を拡大し、ミルクプラントを設置のうえ「平牛乳」を売り出したのは、昭和45年のことだった。

既に大資本の寡占が進み、市場は成熟段階にある時代。個人の市乳処理工場立ち上げは、結構なチャレンジだ。たぶん何か、状況改善の目的、理想があったと想像する。

販売エリアは概ね五箇山に限られたが、学校給食と旅客の需要に支えられ、家族経営の規模を守り、長らくのご商売として定着。過去実績は不明ながら、平成期の処理量は一日200〜300リットルといい、全量を自家搾乳で賄われていたと思う。

◆掲載ビンについて

前記の通り平成25年に事業撤退。処理委託やブランド移譲もなく、銘は消滅した。かつての「たいら牛乳」取り扱い店舗では、近在の水口ミルクプラントさん製品に切り替えた所が多いようだ。(⇒たいら牛乳1Lパック/牛乳トラベラー)※コメント欄参照

力強い版画風の五ヶ山(人形山?)、注ぐ牛乳はさながら豪雪の白。掲載瓶は平成初年に現地の商店で購入。要冷蔵に加え「10℃以下」の併記があってしかるべき世代なのだが、埼玉の秩父牛乳さんほか、未標示だったメーカーも散見される。

― 関連情報 ―
たいら牛乳の紙栓 (牛乳キャップ収集家の活動ブログ) / 同・紙栓 (牛乳キャップとは)
五箇山のパン屋さん (南砺市商工会) / たいらコーヒー (こきりこ)


創業> 昭和45年
昭47〜56> 平牛乳/富山県東砺波郡平村
昭58〜61> 同上/富山県東砺波郡平村来栖200
昭62〜平13> たいら牛乳/同上
平16> 平村は周辺町村と合併し、南砺市となる
廃業> 平成25年
電話帳掲載> たいら牛乳/富山県南砺市来栖200 ※当時
公式サイト> http://www.ty.zennoh.or.jp/tm-milkpr/k15.htm (参考・IAキャッシュ)

処理業者名と所在地は、食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成19年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業