富樫牛乳富樫牛乳

(記事下段)

富樫牛乳

富樫牛乳店
新潟県岩船郡山北町大字府屋481
東洋ガラス製・正180cc側面陽刻
昭和43年頃〜50年代

新潟の最北端、山形と県境を接する岩船郡山北町(現・村上市)にあったローカル銘柄。明治後期創業の老舗だが、平成に至って自家製造を中止、ブランドは消滅。現在は明治牛乳の販売店さんと、併せて新聞配達業を営まれる。

掲載は往年流通の一本。堂々たる体躯のホルスタインを描いたビンは数あれど、親子のカップリングはまれ。仔牛が乳を飲む姿、その仔を振り返る母牛の仕草が可愛らしい。

遡って昭和30年代の郡下には、約10軒のミルクプラントが操業も、経営撤退が相次ぐ。50年代に入った頃は、既に本項の富樫牛乳さんが最後の一軒だった。したがって富樫さんの処理廃止により、岩船エリアのメーカーは完全に絶えている。

― 謝辞 ―
富樫牛乳さんの現況ほか、kazagasira様よりご教授・ご協力頂きました。

― 関連情報 ―
富樫牛乳の紙栓 (牛乳キャップ収集家の活動ブログ)


創業> 明治38年
昭09> 富樫万次郎/新潟県岩船郡大川谷村府屋
昭30> 大川谷村は周辺4村と合併し、山北村となる
昭31〜36> 同上/新潟県岩船郡大川谷村府屋481
昭39> 富樫牛乳店/新潟県岩船郡山北村大字府屋481
昭40> 山北村は町制施行する
昭40〜43> 同上/新潟県岩船郡山北町大字府屋481
昭44> 掲載なし
昭46〜平04> 富樫牛乳/同上
平20> 山北町は村上市と合併し、岩船郡より離脱
電話帳掲載> 「富樫牛乳店」「富樫新聞店」/新潟県村上市府屋481
自家処理撤退・独自銘柄廃止> 平成10年
公式サイト> http://www.shokokai.or.jp/50/155851S0001/ (参考)

処理業者名と所在地は、牛乳新聞社「大日本牛乳史」・全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成20年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業