久賀牛乳久賀牛乳久賀牛乳
久賀牛乳

久賀農業協同組合
山口県大島郡久賀町字久賀4664
日本硝子製・正180cc側面陽刻
昭和40年代初期

大正2年、久賀信用組合として発足。戦時統制下の組織替えを経て、昭和23年に久賀農業協同組合となった、みかん栽培が中心の現役農協さん。

[久賀農業協同組合史](昭和44年)を確認したものの、市乳事業の記録は皆無。「農協所有不動産一覧表」にも酪農関係の施設が見当たらない。

かたや乳業界の名簿には、少なくとも昭和31〜44年の間、久賀農協の牛乳処理工場がリストアップされており、製造実績があったことは確か。45年前後、飲用乳に係る部門を閉じたらしい。掲載ビンは晩年流通の一本と思われる。

◆久賀町・久賀牛乳の復活

農協との関連は不詳だが、「久賀牛乳」銘は昭和50年?に個人経営で復活。昭和後期〜平成初年の頃に使われた牛乳キャップの標示を下記に写した。

久賀牛乳処理場・岡本秀夫/山口県久賀町字久賀/電話(2)0633
久賀牛乳処理場・政村孝史/山口県久賀町字久賀/電話(2)1042

生産者は中途で変わり、工場の場所も異なる(紙栓の住所は省略表記)。組合時代のミルクプラント所在は恐らく「久賀東下津原4189-2」のところ、岡本氏は「久賀東中津原4666-1」、政村氏は「久賀向津原2751」にそれぞれ処理場を置いたはずだ。

◆農協からのブランド承継?

たぶん岡本氏も政村氏も農協の組合員さん?で、牛乳店開業(引き継ぎ)にあたり、往年のブランドを再登板させた、という感じか。後者は果樹栽培(政村農園・みかん畑)も手掛けており、乳牛飼育〜厩肥利用を行っていたかも知れない。

組合が運営困難で市乳事業より撤退、あるいは原料乳出荷に専念するため経営を分離するケースは珍しくない。結果、処理販売が個人の自営業に変わることもある。県下ではそうしたバトンタッチが、通津牛乳(通津酪農)さんにおいて見られた。

― 謝辞 ―
久賀牛乳のキャップに記載の製造者名義など、和田様よりご教授頂きました。


■久賀農協の久賀牛乳
大02> 有限責任 久賀信用組合が発足
設立> 昭和23年、久賀農業協同組合として
昭31> 久賀農協・谷村平馬/山口県大島郡久賀町4189-2
昭34〜36> 久賀農業協同組合/同上
昭39〜43> 同上/山口県大島郡久賀町字久賀4664
昭44> 同上/山口県大島郡久賀町字久賀4189-2
平05> 久賀農協は近隣6組合と合併し、山口大島農業協同組合となる
平16> 久賀町は近隣3町と合併し、周防大島町となる

市乳事業撤退> 昭和45年前後?
電話帳掲載> 山口大島農協/山口県大島郡周防大島町大字久賀東天満町4723
公式サイト> http://www.ja-oshima.jp/ (JA山口大島)

■岡本氏〜政村氏の久賀牛乳
開業> 昭和50年頃?
昭50〜52> 岡本牛乳/山口県大島郡久賀町久賀
昭53〜59> 久賀牛乳/同上
昭60〜平04> 同上/山口県大島郡久賀町向津原2751
廃業> 平成10年代初期?
電話帳掲載・公式サイト> 未確認

処理業者名と所在地は、全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成19年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業