防府牛乳防府牛乳

(記事下段)

防府牛乳

防府酪農農業協同組合
山口県防府市亀塚町
広島硝子工業製・正180cc側面陽刻
昭和30年代中期

戦前結成の産業組合を振り出しに、戦時統制団体から商業協同組合への改組・改称を経て、昭和24年に発足した酪農専門農協さん。同時期に勃興の下関酪農農協(シモラク牛乳)とともに、県下市乳供給の要を担ったところだ。

掲載は昭和35年前後に流通と思しき一本。この頃まで「防府牛乳」、以降は「防酪(ほうらく)牛乳」銘を掲げた。平成11〜12年度の乳業施設再編合理化で自工場を閉鎖、今はやまぐち県酪乳業(株)の一括処理に製造を委ねている。

◆酪農組織一本化の潮流に抗う

戦後の需要拡大にともなって商いは順調に伸びたものの、昭和40年代、中小メーカー乱立・群雄割拠の時代は終焉。国の畜産政策は合理化と大規模化を強く促し始める。団体統合、一元集荷を実現すれば、補給金も出た(不足払法)

山口県当局は各エリアに分散する諸組合を、単一農協へ集約する方針を定め、関係者に打診。これに応じた下関酪農さんを中核として、昭和41年、県下3酪連・4酪農協が合併。山口県酪農農協が発足、足場をがっちり固める。

しかし本項の防府酪農農協(防府酪連)や山口酪連、朝日酪農農協(山口市惣太夫町)との交渉は頓挫。3者は自主性の喪失を懸念して合流謝絶、我が道を行った。

◆やまぐち県酪乳業に参画・自工場閉鎖

平成に至って市況ますます厳しく、独立路線は茨の道。朝日酪農さんは平成8年、山口県酪が吸収。防府酪農さんも売上減少やミルクプラントの老朽化に直面。再編事業・やまぐち県酪乳業の新規設立に賛同し、13年に自家処理より撤退する。

プラ栓・シュリンク包装の新瓶装に移行して久しいが、防酪ブランドは今なお多数存続。大瓶(防酪特選牛乳・900ml)に限っては、昔ながらの印刷瓶が現役だ。近年、防府酪農さん公式サイトが開設され、ラインナップの把握が容易になった。

― 関連情報 ―
防府酪農農協の紙栓 (牛乳キャップ収集家の活動ブログ)
同・紙パック製品 (愛しの牛乳パック)


設立> 昭和12年、防府牛乳商業組合として
昭12> 防府牛乳商業組合・重國好助/山口県防府市大字三田尻村1448
昭22> 防府牛乳統制組合・脇本幻/山口県防府市大字三田尻村1431-1
昭23> 防府牛乳商業協同組合・脇本幻/同上
昭24> 旧組合を母体に防府酪農農業協同組合を設立
昭31> 防府酪農農業協同組合・河村常/同上
昭34> 防府酪農農業協同組合/山口県防府市三田尻亀塚町
昭36〜43> 同上/山口県防府市三田尻村1431
昭44〜53> 同上/山口県防府市大字仁井令
昭56〜平04> 同上/山口県防府市大字仁井令伊達212
平10> やまぐち県酪乳業(株)の設立に参画 ※乳業再編整備等対策事業
平13> 同上/山口県防府市清水町1-1
電話帳掲載> 同上 ※農協本所として
自家処理撤退・工場閉鎖> 平成13年
公式サイト> http://www.bouraku.com/

処理業者名と所在地は、商工省商務局[商業組合一覧]・[全国工場通覧]・[食糧年鑑]・全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成19年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業