長浜牛乳長浜牛乳

(記事下段)

長浜牛乳

長浜ミルクプラント(長浜乳業)
高知県高知市長浜4968
日本硝子製・正180cc側面陽刻
昭和43〜52年頃

沿革不詳ながら、少なくとも市域に50年ほど商われた、高知長浜のローカル銘柄。「長浜乳業」は便宜的な商号で、会社法人は未設立。橋本氏の個人経営・牛舎併設メーカーだったらしい。昭和50年代初期に廃業され、ブランドは消滅している。

恐らく販路は地元の家庭宅配が中心、学校給食はやっておらず、生産量は少なかったはずだ。キャップコレクター諸氏の捕捉に漏れ、往時のラインナップは不詳。

後年、瓶に標示の電話番号は動物病院「橋本獣医科」で使われていた(所在は工場の至近・平成10年前後に閉鎖)。代替わり・商売替えの結果と思う。酪農家の跡次ぎが志す王道と言うべきか、ご子息が獣医師(専業/兼業)の例は全国に多い。


創業> 不明
昭09> 橋本龜吉/高知県吾川郡長濱町
昭17> 長浜町は高知市に編入される
昭31> 長浜ミルクプラント・橋本文/高知県高知市長浜稲葉4968
昭34〜41> 長浜ミルクプラント/同上
昭42〜51> 同上/高知県高知市長浜4968
廃業> 昭和52年前後
電話帳掲載・公式サイト> 未確認

処理業者名と所在地は、牛乳新聞社「大日本牛乳史」・全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成19年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業